大学時代にのめりこんだのはイングリッシュ劇でした。

カレッジ時代にのめりこんだのは英語劇でした。本当は演ずることなど大嫌いで、劇の成長など嫌で嫌でたまりませんでした。でも何だか止めることができない、不思議なやりがいがありました。だいたいそれはシェイクスピアの力作だったからです。「ハムレット」恐らく誰でも一度は聞いたことがあると思います。「生きるべきか、死ぬべきか」自分の本当の魂の叫び声という、それを遠ざけようとする精神の突き当たり合い、どちらにも動くことができずに煩悶するハムレットの様相は想像するだけでつらかった。でも、なんて泥臭くて性格臭いんだろうといった思わずにいられなかったのです。世間はきれい事だけではない、悪賢いことや醜いことだってあふれて要る。そのことを目の当たりにしたら、性格はなんて脆くて恐ろしいものになるんだろうと思いました。自身はハムレットの筋書きをよむたびに、自分が演ずる、亭主の彼ですオフィーリアのことを想うたびに頭が辛くなり息吹ができなくなりました。オフィーリアは純真でまっさらな品性をもちましていました。時期が違えばハムレットといった仲睦まじいその後を迎えていたかもしれないのに。通じることはムシャクシャであると感じたことを覚えています。http://www.pedigree-otenki.jp/