学生時代はバンドってリアルタイムに夢中になっていました。

学生時代はバンドといった現状に夢中になっていました。
ボクは現状を見分けることももちろん隠れ家でしたが、自分もバンドを組んでするサイドもあったので、スタジオ勉学なども各週入り、青春はバンドに捧げたといっても過言ではありません。
軽音部に入り、最初は好きなバンドや俳優のふれこみから始まりました。
ボクはギターボーカルだったので、ギターの勉学も四六時中していました。
おんなじバンドが好きな近隣と、流行っていた曲を練習してきてスタジオであわせ、曲として初めて成り立ったときの気持ちよさは、バンドをやっているそれぞれしかわからないと思います。
始めて社会で演奏したのは学祭でした。
見ている自身も盛り上がり、しかたを挙げノッてくれているのを型式の上から確かめるのは実に楽しかっただ。
近隣に誘われ始めてライブハウスで演奏したときは、近隣ではない顧客も見ている中で、ドキドキでミスしめくりでしたが、大人になったような感覚で、あのときのことは忘れられません。
卒業するまでにユニーク曲を作り上げるようになり、ライブハウスも再三熱演し、実にいい経験だ。おすすめはこちら!